副業で始めるFX自動売買(システムトレード)

FX自動売買(システムトレード)で始める副業と資産運用

誰も教えてくれないお金の話

民間の融資より審査が通りやすい教育一般貸付(国の教育ローン)を活用しよう

幼稚園から大学卒業まで公立学校に通ったとした場合でも、教育費は約1000万円かかるといわれています。 資金の工面ができなくなってしまった場合、まずは国の教育ローンを検討してみましょう。 国の教育ローンとは? 世帯年収(所得)の上限額について 民間…

私立高等学校等に通う家庭の経済的負担を軽減する制度とは

「私立高等学校等授業料軽減助成金」とは私立高等学校等に通う家庭の経済的負担を軽減するために、授業料の一部を助成する制度です。 平成29年度から、年収目安約760万円未満の世帯に対し、国の「就学支援金」と合わせて、44万2,000円(都内私立高校平均授業…

「高等学校等就学支援金」で家庭の負担を軽減し、進学の選択肢を増やそう

「高等学校等就学支援金」とは、国立や私立の高校に在学する生徒が、家庭の状況にかかわらず安心して勉学に打ち込めるよう、国の補助である高等学校等就学支援金によって家庭の教育費の負担が軽減され制度です。 特に私立高校に通う低所得者世帯には約2倍の…

国や自治体からでる幼稚園・保育園の補助金制度で負担軽減して通園しよう

どもを幼稚園・保育園へ入園させる際に気になるのが費用です。 「私立幼稚園就園奨励費補助」や「認可外」、「認証」の保育料補助など、国や自治体から出る補助金制度をしっかり活用することで、自己負担はかなり軽減されます。 私立幼稚園就園奨励費補助と…

医療費助成の制度を正しく理解して医療費を抑えよう

中学3年生まで医療費が無料になる自治体もある「医療費助成制度」を知ろう。 医療費助成制度とは 負担、対象は自治体によって異なる 医療費助成の範囲は? 対象となるもの 対象とならないもの 医療費助成制度とは 乳児期は免疫もないので、風邪や感染症など…

児童扶養手当と児童育成手当の支給要件を正しく理解して併給されるかを確認しよう

「児童扶養手当」は国の制度で、児童育成手当は東京都などの一部の自治体独自の制度です。 これらの制度は児童手当より3年長く、父母が離婚するなどして父または母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの18歳までの児童がいる家庭に支給されます…

児童手当の申請時期と所得制限による支給額の思わぬ落とし穴

児童手当を受給できるのは「生計を維持する程度が高い人」(一般的には、父母のうち所得の高い人) に支給されます。 しかし、別居中の両親が生計を同じくしていないような場合(離婚または離婚協議中につき別居している場合)については、同居している人が…

医療保険の限界から生命保険は本当に必要かを節目ごとに見直そう

生命保険と医療保険は意外と盲点ですが、老後の資金作りの中で非常に重要です。 いま加入している保険は本当に必要なのか、無駄な掛け金を支払っていないかを改めて見直してみましょう。 保険内容は節目ごとに見直す 生命保険を検討する前に調べる 高額療養…

年金制度で知っておくと得をする6つの年金生活の節約術

年金制度は知らないと損をすることも。知っていれば得をする年金生活の節約術を紹介します。 年金生活者の確定申告は? 確定申告不要制度の対象者 年金には「公的年金」と「私的年金」の2種類 60歳を過ぎて年金の支給が停止される? 在職老齢年金の支給停止…

ねんきん定期便の内容を理解して早い段階で年金生活の準備をしよう

「ねんきん定期便」には将来もらえる年金の見込み額が記載されています。 年金を受給するにあたって、内容を理解し、正しく読み取ることで来るべき年金生活に備えておきましょう。 ねんきん定期便を読み解く ねんきん定期便が送られるタイミング 年齢などに…

「私的年金」と「公的年金」の違いと年金制度を正しく理解して老後の不安を解消しよう

受給者によって種類も金額も変わる年金。自分がどのような立場で、どのような年金を受け取れるかを理解しておきましょう。 年金には大きく分けて「私的年金」と「公的年金」 私的年金 公的年金 公的年金制度の役割 年金の受給タイプは3通り 国民年金の被保険…

投資・消費・浪費を正しく理解して「使っても減らない」お金の使い方を知ろう

「お金は使うと減る」は本当か?実は「使っても減らない」お金があることを知ろう。 収入を増やすための考え方 お金は使うことで増えることもある お金の使い方は投資・消費・浪費 投資と浪費は紙一重 自己投資の思考 投資といえるかは時間がジャッジ 収入を…

自分のお金は自分で守る!損をしないための自己防衛法とは

給料明細書でなにを見ればよいのか、気をつけなければいけない箇所を覚えてお金で損をしない自己防衛を覚えよう。 給料明細書の中身にきちんと目を通そう 給料明細書チェック10か条 見落としをなくして手取りを増やそう 給料明細書は前年同月と比較 社会保険…

給料明細書を正しく理解して収入を増やす方法とは

サラリーマンなら毎月目にする「給料明細書」ですが、普段気にもしていない方も多いのでは。 実はこの一枚に重要な「お金のこと」が隠されている。給料明細書を正しく読み解くことで、収入アップも夢ではない。 給料明細書を構成する3項目 勤怠 支給 控除 所…

サラリーマンが副業を行う際に気をつけなければいけない注意点と禁止事項

いまや年収に不満を感じているサラリーマンだけではなく、キャリアアップのため『副業』を行う人も増えている。 しかし、副業を行う際に気を付けるポイントがいくつかある。今回はそのポイントと疑問を解消する。 社会的に認知され始める副業 崩壊する終身雇…

結婚してダブルインカムになったときこそお金が貯まるチャンス

お金が貯まる家計になるか、貯まらない家計になるかは「仕組み」がしっかり整っているかで変わります。 大きな差がでやすいのが、結婚してダブルインカム(「double income」1世帯に二つの収入源があること。)になったとき。 お金の貯め方にはお金の管理方…

放っておいても5年で年収分が貯まる「先取り貯蓄」を始めよう

使おうと思うと意外に簡単に使い切れるが、コツコツ貯めるのも、稼ぐのも大変なのが1,000万円。 厚生労働省「平成28年 国民生活基礎調査の概況」によると1世帯当たりの平均貯蓄額が1,033万円と発表された。 年代別の平均貯蓄額 貯蓄大国日本 貯められない人…

何もしないとお金の価値が目減りしていく可能性を知り、資産形成を始めよう

いまや大手銀行へ預けても普通預金金利は高くても年0.1%以下が普通になり、大事なお金を何年銀行へ預けていてもお金は貯まりません。 銀行への預金が意味をなさないいま、正しい資産形成をしていないとお金が増えないどころかお金の価値が目減りするというこ…

老後の平均貯蓄額を把握して、計画的に貯めていますか?

老後の平均貯蓄額を把握して、計画的に貯めていますか?総務省から「家計調査報告(貯蓄・負債編) -平成28年(2016年)平均結果速報-」が発表され、老後の平均貯蓄がわかった。 総務省 平成29年5月16日 家計調査報告(貯蓄・負債編) 60歳でに1,000万貯め…

リーマンショック以降から停滞を続ける日本の給料事情

リーマンショック以降、給料はどのように変化しているのか。 欧米やアジアの主要国と日本を比較したときにみえてきたのは停滞を続ける日本の給与事情だった。 主要職種別の給料推移 最高財務責任者(CFO) 最高情報責任者(CIO) コーポレートファイナンスのアナ…

日本の給与事情を需要拡大している4つの職種から比較

経済状況や物価など様々な要因から、世界的にみた日本の給料事情を純粋に比較することは難しい。 しかし、今回は一定の判断基準を元に現在の日本の給与事情を調べてみた。 需要拡大している4つの職種 自動運転エンジニア IoT技術者 AI(人工知能)技術者 デ…

「職業別の平均生涯賃金ランキング」TOP5を公開

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」や各業界の専門誌などを参考に「職業別の平均生涯賃金ランキング」を公開。 いまや大学・大学院卒のサラリーマンの生涯賃金が2億円弱といわれていますが、他の職業の平均生涯賃金はいくななのかを深堀して…

国際平均年収との比較で判明する日本の伸び悩む平均年収

日本の給料水準は国際的にみてどの程度なのか、日本、米国、ドイツ、英国、北京、上海、香港、韓国、シンガポール、マレーシア、インドの11カ国・地域の年収を比較した。 伸び悩む日本の年収の実態がみえてきた。 本部長、部課長クラスの平均年収 日本の平均…

世界にも広がるサブカルチャー文化を支えるコスプレイヤーの平均年収は?

いまや日本だけでなく、世界にも広がっているコスプレ文化。 趣味としてコスプレを楽しむ人が増えてきたが、近年コスプレを職業とする「プロコスプレイヤー」が登場している。 今回はイベント会場など、非日常な場所などで出会える「コスプレイヤー」という…

億単位の年収を稼ぐのも夢ではないプロゲーマーの平均年収とは?

2016年に一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESAO)から『2016CESA一般生活者調査報告書』で、「一般生活者の家庭用ゲーム機所有者は5,224万人。家庭用ゲームアクティブユーザーは3,200万人。 家庭用ゲーム継続プレイヤーは1,…

会社に勤めるだけじゃない!「好きなことで、生きていく」YouTuber(ユーチューバー)の平均年収額は?

ソニー生命保険株式会社が2017年4月25日に発表した「中高生が思い描く将来についての意識調査2017」で中学生のなりたい職業として第3位になるほど「YouTuber(ユーチューバー)」の認知度が広がっています。 給料の話は「企業」や「業界」に偏りがちですが、…

会社からの給料だけでは生活が困難な理由

会社からの評価に満足し、今の給料に満足をしている会社員が世の中の何割程度いるのでしょうか。 一日の半分の時間を会社に奪われているのに、人並みの生活をするのが精一杯の給料しか貰えない。自分の仕事の評価は正しく行われているのだろうか? そんな不…