副業で始めるFX自動売買(システムトレード)

FX自動売買(システムトレード)で始める副業と資産運用

プロフィール

f:id:fxrepo:20160330190455j:plain

東京で働く年収300万円台のIT系サラリーマン。

いままで複業でせどり、転売、アフィリエイト、アプリ開発、サイト運用、株、FX(リーマンショックにより数百万円の損失から一時FX撤退)など経験するが安定した資産運用を目的としFXを再開。

FX運用ログとして「副業で始めるFX自動売買(システムトレード)」を開設し、FX自動売買(システムトレード)が副業として成り立つのか、実際に運用をしながら検証中。

twitter:https://twitter.com/fxrepo

■FX会社

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)

トラリピを利用(トラップリピートイフダンとは(トラリピ)はマネースクウェア・ジャパンが特許を取得したFXの発注管理機能です。)

トラリピのメリット・デメリット

▶メリット

  • 自動売買のため、感情的な取引(ギャンブル)になりにくい
  • 24時間常に取引が可能

▶デメリット

  • 取引手数料が高い
  • スプレッドの幅も広い

デメリットの取引手数料、スプレッドの幅の広さはトラリピのシステム使用料として考えれば納得できます。

コストを気にするハイレバデイトレーダーやスキャルトレーダーにはトラリピは向いていませんが、FXをギャンブルとしてでなく、投資て活用する人には最適です。

インヴァスト証券


・調査中

シストレ24のメリット・デメリット

▶メリット

▶デメリット

■運用履歴

2016/3/30

2016/5/25

  • 資金100,000円で株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)のトラリピ開始。

2017/6

  • 資金150,000円でインヴァスト証券のシストレ24開始。