副業で始めるFX自動売買(システムトレード)

FX自動売買(システムトレード)で始める副業と資産運用

2016/12/10までのトラリピ(システムトレード)運用実績

一週間の運用ログとして「口座状況」と「損益と残高の推移」などを報告します。

2016/12/3までの運用ログと比較し、現金残高が+7,723円。

2016/12/10までのトラリピ(システムトレード)の運用状況

口座状況(2016/12/10時点)

f:id:fxrepo:20161210191401j:plain

維持率 853 %
実質レバレッジ 2.93 倍
現金残高 257,913
口座反映前損益 2,822
評価損益 -3,173
時価残高 257,562
東京15時ロスカット 30,177
自動ロスカット 24,142
証拠金必要額 127,467
余剰残高 130,095

前週との現金残高比較

現金残高 : +7,723円

2016/12/10のトラリピ(システムトレード)注文一覧

通貨ペア 注文日時 売買 レンジ 注文金額 本数 利益金額 リピート回数 収益合計 収益合計
NZD/USD 16/12/09 0.7000 ~ 0.7279 10,000 10 3.00 10 3,407 -1,731
AUD/JPY 16/12/10 82.67 ~  86.51 25,000 25 300 9 2,860 0

通貨ペア別・リピート回数 / 収益金額の内訳

f:id:fxrepo:20161210192415j:plain

今週トラリピ(システムトレード)運用実績のトピック

先月からの上昇トレンドも続き、通貨ペア:AUD/JPYのレンジ幅が81.20 ~ 85.04から上振れしそうなため、82.67 ~ 86.51へ変更しました。

今週の為替市場のトピックとしては欧州中央銀行(ECB)が8日に開いた定例理事会で、量的緩和策の期限を9カ月延長し2017年末までとすることを決定したことを受け、ユーロが主要通貨に対して下落、ドルは対ユーロで大幅に上昇。ユーロ/円相場は下落となっている。

また、米株式市場はECBが量的金融緩和の延長を決定したことを受け、主要株価がいずれも最高値を更新する動きとなった。

東京市場のドル/円相場は、前日の海外市場で米10年国債利回りが2.34%台まで低下したことから一時107.50円まで上昇し、6月7日以来約5か月ぶりの高値を付けた。

fxrepo.hateblo.jp