副業で始めるFX自動売買(システムトレード)

FX自動売買(システムトレード)で始める副業と資産運用

2016/12/24までのトラリピ(システムトレード)運用実績

一週間のトラリピ運用ログとして「口座状況」と「損益と残高の推移」などをまとめます。

前週12/17までの運用ログと比較し、現金残高が+4,099円。

2016/12/24までのトラリピ(システムトレード)の運用状況

口座状況(2016/12/24時点)

f:id:fxrepo:20161228104752j:plain

維持率 197 %
実質レバレッジ 12.69 倍
現金残高 268,413
口座反映前損益 300
評価損益 -67,457
時価残高 201,256
東京15時ロスカット 102,133
自動ロスカット 81,707
証拠金必要額 130,067
余剰残高 71,189

前週との現金残高比較

現金残高 : +4,099円

2016/12/24のトラリピ(システムトレード)注文一覧

通貨ペア 注文日時 売買 レンジ 注文金額 本数 利益金額 リピート回数 収益合計 収益合計
NZD/USD 16/12/16 0.7000 ~ 0.7279 10,000 10 3.00 17 5,873 -21,726
AUD/JPY 16/12/23 84.53 ~ 88.37 25,000 25 300 13 3,996 -35,150

通貨ペア別・リピート回数 / 収益金額の内訳

f:id:fxrepo:20161228104830j:plain

今週トラリピ(システムトレード)運用実績のトピック

先週のトピックとして、イタリアの民間大手銀行「モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ」が50億ユーロ(約6150億円)の増資による自力再建を断念するという経営不安や、ドイツの首都ベルリンのクリスマス市にトラックが突入し、12人が亡くなるテロなど。

これにより、リスク回避の動きから週序盤は安全資産とされる円を買う動きが先行しましたが、以前から続いている円売り調整の動きも見られました。

その後、黒田日銀総裁が長短金利の操作目標引き上げを議論するのは時期尚早だと述べ、早期の利上げ観測を一蹴する一方で、急速に進んだ円安については、現在の水準は2月ごろと同じであって「別に驚くような水準とも思っていない」と語り、容認姿勢を鮮明にしたこともあり、ドル円・クロス円は一時値を戻す動きも見られた。

ただ、クリスマス休暇を控えて市場参加者も少なく、その後は週末まで限定的な動きが続いた。

fxrepo.hateblo.jp