副業で始めるFX自動売買(システムトレード)

FX自動売買(システムトレード)で始める副業と資産運用

会社に勤めるだけじゃない!「好きなことで、生きていく」YouTuber(ユーチューバー)の平均年収額は?

ソニー生命保険株式会社が2017年4月25日に発表した「中高生が思い描く将来についての意識調査2017」で中学生のなりたい職業として第3位になるほど「YouTuber(ユーチューバー)」の認知度が広がっています。

f:id:fxrepo:20170609122834j:plain

給料の話は「企業」や「業界」に偏りがちですが、今回はYouTuberという職業の実体や収入実態を掘り下げます。

YouTuber(ユーチューバー)の平均年収額は?

YouTuber(ユーチューバー)とは動画サイト「YouTube」へ自分が作成した動画を投稿し、広告収入を主な収入源として生活をしている人たちを指します。

広告収入とは

広告収入とは、YouTubeのトップページ以外のスペースに掲載されている「ディスプレイ広告」、画を再生している際に、動画内に表示される「In Video広告」、動画を見る前に流れる一定期間流れる映像広告「インストリーム広告」、視聴者がスキップできない15秒ほどの映像広告「標準インストリーム広告」があります。

いずれの広告も動画の再生回数に応じて報酬が支払われ、報酬は動画1再生あたり約0.1円になっています。総合再生数が10万回になると約10,000円の収入が得られる計算となります。

※ただし、動画の内容や視聴者数に応じて変動するという報告もあるため、一律同じ単価というわけでもないようです。

広告収入以外の収入源

有名なYouTuberになると他の収入源として、有名企業と提携しイベント出演やテレビCMなどで報酬を得られる可能性もあり、YouTubeの中だけでなく活躍の幅を広げています。

YouTuberのトップランカーの平均年収額は747万円とされ、トップ20位のうち子供も数名ランクインしており、年代の垣根を越えて稼げるのが特徴です。

YouTubeになるには

YouTubeになるには特別なスキルなどは不要でYouTubeアカウントを取得し、動画をアップすることで始められます。

動画撮影に必要なのはパソコンとビデオカメラ、テロップ作成などで使う動画編集ソフトがあれば事足りるため、設備投資も比較的少なくて済みます。

必要なスキルとは

YouTuberに必要なのは「トーク力」や「企画力」が必須となり、視聴者を飽きさせない動画をコンスタントにアップするか、SNSなどを活用していかに多くのユーザーを集められるかが重要になります。

また、最近はYouTuberプロダクションサイト「UUUM OFFICIAL SITE(ウームオフィシャルサイト)」などが設立され、コンテンツ制作や、グッズ販売、イベント運営、キャンペーン展開、テレビ・雑誌等のメディア取材対応など、 YouTuberの活動をマネジメントしてくれる環境も整ってきています。

YouTuberチャンネル登録者数ランキング

日本のYouTuberチャンネル登録者数ランキングは以下となっています。(2017年6月現在)

順位 チャンネル名 登録者数
1位 はじめしゃちょー 約519万人
2位 HikakinTVHikakinTV 約432万人
3位 木下ゆうか Yuka Kinoshita 約308万人
4位 HikakinGames 約287万人
5位 Fischer's-フィッシャーズ- 約264万人
6位 SeikinTV 約233万人
7位 MosoGourmet 妄想グルメ 約204万人
8位 Goose house 199
9位 HIKAKIN 約188万人
10位 水溜りボンド 約183万人

海外の有名YouTuberの年収

海外の有名YouTuberの「ピューディパイ(PewDiePie)」は、主にゲーム実況の配信してチャンネル登録者数が4249万人になり、年収が約12億2000万円といわれており桁違いとなっています。

意外に知られていませんが、ジャスティン・ドリュー・ビーバー(Justin Drew Bieber, 1994年3月1日 - )もYouTubeがキッカケでアーティストデビューし、数々のヒット作と巨万の富を手にしています。

youtu.be

YouTubeパートナープログラムへの新規申し込み審査手続きが変更

2017年4月18日からYouTubeパートナープログラムへの新規申し込み審査手続きが変更となり、チャンネルで公開している動画の合計視聴回数が 10,000回に達しないと、YouTubeパートナープログラムに参加できるかどうかの審査が受けられません。

これからYouTuberを目指す方は、まず動画の合計視聴回数10,000回を目指して自分の動画に広告が掲載されるか審査を受ける必要があります。

YouTube パートナー プログラムの概要

副業としてのYouTuber

設備投資などが比較的少なくするYouTuberですが、企画力やアイディア、トーク力を必要とし、飽和状態の中でいかにユーザーを集めるかが難しいと思います。

「YouTuberチャンネル登録者数ランキング」を見ると意外に顔出ししていないYouTuberもいるので、サラリーマンの副業として行いやすいかもしれません。

動画の配信内容によっては、一攫千金のチャンスもあるかもしれませんね。