副業で始めるFX自動売買(システムトレード)

FX自動売買(システムトレード)で始める副業と資産運用

複数の独自ドメインを1つの「さくらインターネット」サーバで管理する方法

いままで「さくらインターネット」でサイトを立ち上げる際、"独自ドメイン1つに対して、一つのサーバを用意する"という認識でいましたが、以下の方法にて複数の独自ドメインを1つのサーバで管理できます。

f:id:fxrepo:20170706153020g:plain

フォルダ追加

サーバーコントロールパネルから「運用に便利なツール」内の「ファイルマネージャー (旧バージョン)」を選択します。

f:id:fxrepo:20170706153030p:plain

ファイルマネージャーのメニュー「表示アドレスへの操作」内の「フォルダを作成」を選択。

/home/アカウント名/www 以下に任意のフォルダ名でフォルダを作成してください。

f:id:fxrepo:20170706153047p:plain

ドメイン設定

サーバコントロールパネルの「ドメイン設定」内の「ドメイン」を選択し「新しいドメインの追加」から追加したいドメインを選択し「送信」をクリックします。

※ドメインは事前に取得・登録済みとします。

f:id:fxrepo:20170706153056p:plain

その後、「ドメイン一覧」から追加したドメインの変更を選択します。

f:id:fxrepo:20170706153110p:plain

「ドメイン詳細設定」の「2. マルチドメインの対象のフォルダをご指定ください」から先ほど設定した/home/アカウント名/www 以下に登録したフォルダ名を設定します。

f:id:fxrepo:20170706153122p:plain

WordPressのインストールに関して

WordPressをドメイン直下へインストールする方法を以下の記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

fxrepo.hateblo.jp

マルチドメインとは

マルチドメインとは、"サーバ領域を複数に分割し、サーバスペースごとに別個のドメイン名を持つことができる機能です。追加料金不要で、ウェブサイトを複数運営することができます。"さくらインターネットで人気No.1プランとされている「スタンダード」ではマルチドメイン20個までが対応可能になっています。

そんな便利なマルチドメインにもメリット・デメリットがあります。

マルチドメインのメリット

  • コストがかからない
    複数のサイトを運営するとなると、それにかかる費用も大きくなりますが、最小限に抑えることができます。
  • 管理が容易
    他のレンタルサーバーのコントロールパネルにログインしなおす必要がなくなり、一つのコントロールパネルから設定ができるために便利。また、レンタルサーバーのID、パスワード管理が軽減される。

マルチドメインのデメリット

  • サーバへの影響
    契約しているレンタルサーバーの動作が重かったり、不具合で落ちてしまった場合は、そのサーバーで運営しているサイト全てに影響が出てしまいます。サイトの数が多ければ多いほど、その被害も深刻になってしまいます。

複数のドメインを所有している方、またはこれからドメインを複数取得してホームページを複数運営する予定の方には大変おすすめの機能です。

ただ、サイトが成長しアクセス集中した場合などのリスク管理を事前に検討しておいた方が無難でしょう。