副業で始めるFX自動売買(システムトレード)

FX自動売買(システムトレード)で始める副業と資産運用

結婚してダブルインカムになったときこそお金が貯まるチャンス

お金が貯まる家計になるか、貯まらない家計になるかは「仕組み」がしっかり整っているかで変わります。

大きな差がでやすいのが、結婚してダブルインカム(「double income」1世帯に二つの収入源があること。)になったとき。

お金の貯め方にはお金の管理方法とコツさえわかれば、誰でも貯蓄体質になれますので、ここで貯まる家計へ切り替えてみましょう。

f:id:fxrepo:20170713192812j:plain

お金が貯まりやすい家計管理

夫婦生活でお金の管理をする際に、お財布は一緒にするか別にするかのメリット・デメリット、どのお財布が一番お金が貯まるのかそれぞれ比較してみよう。

夫婦別財布

夫婦それぞれ別の財布のまま、生活費などの折半負担する「夫婦別財布」。

これは時間の経過と共に、お互いの収入も貯金額も夫婦の不文律になっていきがち。さらにダブルインカムの気持ちの余裕から節約の意識も薄れていく。

そしてまとまった資金が必要な時にお互いが「もっと貯めていてくれると思っていた」となる典型的なパターン。

夫婦共通財布

結婚と同時に財布を完全にまとめてしまう「夫婦共通財布」。

お互いに収入全額を共通財布に入れて支出をも貯蓄もここで管理し、小遣いもそれぞれ決まった額を使う。

お互い小遣い制なので無駄遣いも減り、家計管理も得意な方が担当すれば生活費全般を抑制できます。

家計全体でいくら貯まっているのかも一目瞭然で、貯蓄目標も計画しやすくなります。

一部共通財布

お互いに一定額を共通財布に入れて生活費と貯蓄をここで管理し、残った金額をそのまま小遣いにする。

収入が増えれば小遣いも増えていくので、副業など稼ぐモチベーションになり、貯蓄は共通財布で『見える化』が可能な仕組み。

どの財布が貯まりやすいか

夫婦別財布と夫婦共通財布、一部共通財布のどれが貯まりやすいか、それは「一部共通財布」です。

自由もありつつお互いストレス抑えられ、夫婦の連帯感も保てる「仕組み」といえます。

節約の3つのコツ

お金を貯めるための仕組みが整っても、節約を心がけないと家計に余裕は生まれません。

コツさえわかればストレスフリーで節約ができます。

節約は金額が大きいものから

家計に占める割合が大きいものから優先的に節約を行う。

水道光熱費などの割合が少ないものから節約しても、月に数百円程度しか成果が出ずにモチベーションが下がってしまいます。

住居費などを見直すことで数万円単位の節約も可能。

効果が継続するものを

節約と聞いてまず思い浮かぶのは『食費』ですね。

ただ、毎日の食事で継続していかないと続かずストレスが溜まってしまいます。

メスを入れるのならば携帯電話などの通信費の基本料金が効果が継続します。

食費などの変動費より。効果が継続する固定費に着目し節約しよう。

我慢が不要なもの

趣味や飲み代の節約は日々我慢が必要になってくる。

しかし、生命保険や住宅ローンなどの見直しは、手続きが面倒でも金額も大きく効果も持続。

一度やってしまえばその後の我慢は一切不要。

お金が貯めやすい時期に仕組みを整える

人生でお金が貯めやすい時期は「就職してから結婚するまで」、「結婚してから子供ができるまで」、「子供が独立して定年後の収入が減るまで」といわれています。

この時期を逃してしまうと、大きな出費によりなかなか貯蓄はできません。

収入に対して比較的支出が少ない時期にお金を貯める仕組みを整えましょう。