副業で始めるFX自動売買(システムトレード)

FX自動売買(システムトレード)で始める副業と資産運用

経済数値の中で最も重要なGDP(国内総生産)で経済状態を測ろう

経済数値で最も重要といわれている「GDP(Gross Domestic Product:国内総生産)」に関して、正しく理解しているか確認してみましょう。

f:id:fxrepo:20170808151441j:plain

GDPは経済状態を測るパロメーター

GDP(国内総生産)とはいわば経済状態を測るパロメーターのようなもので、「1年間に国内で産み出された財・サービスの付加価値の総額」のことで、プラスかマイナスかで経済状態がみえます。

  • GDPは1971年にノーベル経済学賞を受賞した米国の経済学者であるサイモン・スミス・クズネッツ(Simon Smith Kuznets、1901年4月30日 - 1985年7月8日)がいまから約80年前以上に、考え出されたといわれています。

理想的な成長率は

経済では前年比と同様の場合は「停滞」と判断されてしまい、悪材料とされる可能性があります。

前年より大きくなれば「経済が成長している」と好材料になる可能性がありますが、経済成長が急激すぎるのも問題です。

順調と判断されるのはおおむね、先進国で1~3%、新興国では5~7%程度、世界全体では毎年3%以上の成長がないと危険とされています。

IMF(International Monetary Fund:国際通貨基金)によれば、現在は3%をやや超えているので堅調であるとされています。

ただ、この成長率は大幅なマイナスが続く、保ち続ける(停滞)だけが問題ではなく、大幅なプラスが続くのも問題視されます。

日本のGDPは四半世紀も停滞

GDPには「名目」と「実質」の2種類の数字があります。

  • 名目GDP
    実際に市場で取り引きされている価格に基づいて推計された値

  • 実質GDP
    名目GDPから物価の上昇・下落分を取り除いた値

日本のGDPはここ四半世紀の間、500兆円を推移しています。つまり、日本経済はずっと停滞しているということになります。

アベノミクス第二ステージでは、「新3本の矢」における第一の矢に、名目GDP600兆円を2020年頃に達成することを目標に掲げていますが、これを達成するには平均で年率3.45%の成長率が必要となります。

過去6年間ゼロ成長だった日本経済を今後6年間3%以上にするというのは、はかなり難しい課題となっています。

f:id:fxrepo:20170808120702p:plain

f:id:fxrepo:20170808120713p:plain

1人当たりのGDPでその国の豊かさがわかる

経済数字を読み解くには「過去」、「属性」、「他国」を比較する必要があり、GDPの場合は他国と比較して日本の数字がどうかというグローバルな視点で見直してみることを意味します。

とはいえ、単純なGDP比較では国によって人口が全く違う為、正しい経済状態を知ることは難しいです。

その国が豊かなのか、貧しいかを知りたい場合「1人当たりのGDP」がどのくらいかを比較してみましょう。

日本は42年間にわたり保ってきた世界第2位の経済大国でしたが、2010年中国に逆転されてしまいました。

しかし、中国の人口は日本の約10倍で、1人当たりのGDPを比較すると中国は日本の5分の1程度となっています。

f:id:fxrepo:20170808124139p:plain

他国との比較はドル建て

日本ではGDPを円表示としていますが、IMFではドル建てで比較しています。

先述で日本のGDPは四半世紀の間、500兆を推移していると記述しましたがドル建てでは、2009年頃は6兆ドル程度だったGDPが、現在では5兆円弱と減少しています。

安倍晋三さんが首相となった2012年以降、景気が回復しているといわれていますが、ドル建てでいえば経済規模が小さくなっているといえます。

1人当たりのGDPも、1995年には世界第3位でしたが、2017年では22位とかなり下がってしまっています。

なお、GDPを構成する要素(個人消費、住宅投資、設備投資、政府消費、公共投資、輸出・輸入、民間在庫)は国によって様々で、日本は個人消費が60%程度もあるますので、個人消費がGDPを押し上げているともいえます。

世界の一人当たりの名目GDP(USドル)ランキング

2016年の一人当たりの名目GDP(USドル)30位までのランキングは以下の通りになっています。

世界の一人当たりの名目GDP(USドル)ランキング
順位 名称 単位: USドル 前年比 地域
1位 ルクセンブルク 103198.82 - ヨーロッパ
2位 スイス 79242.28 - ヨーロッパ
3位 ノルウェー 70391.57 - ヨーロッパ
4位 マカオ 67079.3 アジア
5位 アイルランド 62562.27 +1 ヨーロッパ
6位 カタール 60786.72 -1 中東
7位 アイスランド 59629.05 +4 ヨーロッパ
8位 アメリカ 57436.41 -1 北米
9位 デンマーク 53743.97 - ヨーロッパ
10位 シンガポール 52960.73 -2 アジア
11位 オーストラリア 51850.27 -1 オセアニア
12位 スウェーデン 51164.51 - ヨーロッパ
13位 サンマリノ 46446.62 - ヨーロッパ
14位 オランダ 45282.63 - ヨーロッパ
15位 オーストリア 44498.37 +1 ヨーロッパ
16位 香港 43527.99 +3 アジア
17位 フィンランド 43169.22 +1 ヨーロッパ
18位 カナダ 42210.13 -1 北米
19位 ドイツ 41902.28 +1 ヨーロッパ
20位 ベルギー 41283.27 +1 ヨーロッパ
21位 イギリス 40095.95 -6 ヨーロッパ
22位 日本 38917.29 +4 アジア
23位 ニュージーランド 38345.4 +1 オセアニア
24位 フランス 38127.65 -1 ヨーロッパ
25位 アラブ首長国連邦 37677.91 -3 中東
26位 イスラエル 37262.4 -1 中東
27位 イタリア 30507.18 +1 ヨーロッパ
28位 韓国 27538.81 +2 アジア
29位 スペイン 26608.87 +2 ヨーロッパ
30位 ブルネイ 26424.43 -3 アジア
  • 一人当たりのGDP = GDP ÷ 人口
  • 当年の為替レートによりUSドルに換算