副業で始めるFX自動売買(システムトレード)

FX自動売買(システムトレード)で始める副業と資産運用

投資・消費・浪費を正しく理解して「使っても減らない」お金の使い方を知ろう

「お金は使うと減る」は本当か?実は「使っても減らない」お金があることを知ろう。

f:id:fxrepo:20170816205426j:plain

収入を増やすための考え方

ある街に売り上げが伸びないコーヒーショップがありました。この店主から売り上げを伸ばすためにはどうするべきか相談を受けました。

あなたなら次の3つのうち、どれを行うようにアドバイスしますか?

①原価150円のクッキーをコーヒー購入者全員にプレゼント

②営業時間を短縮して人件費を削除

③軽トラを購入し夜の繁華街へ出張販売

売り上げを伸ばすための施策としては①もしくは③が正解です。②の人件費削減は一時的に手元の利益は増えるかもしれませんが、売り上げが先細りしていく一方です。

お金は使うことで増えることもある

このように経営者目線に立つことで一目瞭然なことも、いざ自分に置き換えるとわからないこともあります。

いま収入が増えないからといって、読みたい本や観たい映画を我慢したり、休日に友人との外出や旅行を控えていませんか?

これはまさに先ほどのコーヒーショップの人件費削除と同じで、間違った選択なのです。

将来の売り上げ(=収入)を増やしたいなら、やみくもに支出を抑えるのではなく、「お金を使って」将来の収入アップの布石を打つことが必要なのです。

お金は「使うと減る」という考え方にとらわれていると、知らず知らずのうちにジリ貪思考に陥ってしまうかもしれません。

お金は「使うことで増える」こともあるということを知りましょう。

お金の使い方は投資・消費・浪費

お金は使うことで増えるといいましたが、その使い方によります。「使って増やす」に欠かせないポイントは「投資」になるものにお金を使うこと。

お金の使い方は大きく「投資」、「消費」、「浪費」の3種類に分けられます。

「投資」は買ったものに支払った金額以上の価値があるもの。「消費」は支払った金額と同等の価値があるもの。「浪費」は支払った金額以下の価値しかないもの。と判別できます。

先述のコーヒーショップの件で考えると、将来の売り上げ(=収入)を増やしたいなら、やみくもに支出を抑える②はNGだというのはわかりますね。

①のコーヒー購入者全員にクッキーをプレゼントは、1つ150円の仕入れ(=支出)が必要ですが、これは新たなお客さんを呼び込むことができ、クッキーの支出以上の利益があれば「投資」になります。

しかし、お客さんが増えずにクッキーが無駄になってしまえば「浪費」にしかなりません。

投資と浪費は紙一重

お金は使わないと増えませんが、投資としての見返りがあることが大前提。投資と浪費は紙一重だからこそ、「お金の使い方」のスキルを磨き、本当の投資になるものを見極めてお金を使っていけるかが重要になります。

自己投資の思考

いままでの経験から「お金を使うときにはいつも、自分への投資になるか」の判断基準をもっている方もいると思います。

  • 友人との外出や旅行は経験への投資。

  • 高いサプリやジムの年会費は健康への投資。

  • タクシーへの投資は時間への投資。

  • 高級なアクセサリーはモチベーションへの投資。

こうした「自己投資」の思考をもつことが大切です。

投資といえるかは時間がジャッジ

ただし、これが本当に「投資」となるかはその瞬間にはわかりません。なぜなら、ある程度の時間の経過がなければ、投資した結果がどうなのか判断が出来ないからです。

仕事のスキルアップのために、資格試験や英会話スクールへ入会しても、数回通って行かなくなってしまえば結果的には「浪費」になります。

一方、会社を辞めて日本一周を始めたら、一時的に収入は大きく下がるかもしれませんが、そこでビジネスのヒントを得て起業し成功を収めれば大きな「投資」ということもできます。

自己投資による投資を無駄しないための行動ができれば、お金を使っても減ることはありません。これが「使っても減らない」お金の仕組みなのです。