副業で始めるFX自動売買(システムトレード)

FX自動売買(システムトレード)で始める副業と資産運用

医療費助成の制度を正しく理解して医療費を抑えよう

中学3年生まで医療費が無料になる自治体もある「医療費助成制度」を知ろう。

f:id:fxrepo:20170914170825j:plain

医療費助成制度とは

乳児期は免疫もないので、風邪や感染症などの病気にかかりやすくなり、年齢が高くなれば怪我などの機会も増えます。

病院にかかる機会が多い乳幼児期の医療費の一部または全額が助成される制度のことです。

負担、対象は自治体によって異なる

現在、すべての地方自治体に乳幼児や子どもに対する医療費の助成制度があり、健康保険が適用される病気や怪我などの診療に基本的に対応しています。

助成の手厚さは自治体によって異なり

  • 医療費を全額負担

  • 治療1回あたり200円など、一部を自治体が負担

  • 通院は無料、入院は一部自己負担

など。

対象となる子どもの年齢も自治体によって異なり、「未就学児まで」、「小学生まで」としている自治体が多いようです。

東京都の場合、すべての市区町村で中学3年生までの子どもの医療費が、所得制限なしに全額無料となっています。千代田区、北区は高校生の医療費も助成対象となっています。

医療費助成の範囲は?

医療費助成の範囲は各自治体によって異なります。各市区町村のホームページや窓口に問い合わせてみましょう。

東京都の場合は以下が対象となるもの、対象とならないものになります。

対象となるもの

  • 医療保険の対象となる医療費

  • 薬剤費

対象とならないもの

  • 医療保険の対象とならないもの

  • 健康診断

  • 予防接種

  • 薬の容器代

  • 入院時の食事代

  • 差額ベッド代

  • 紹介状を持たず受診した200床以上の病院の初診料など

  • 交通事故などの第三者行為

  • 健康保険組合などから支給される高額療養費・附加給付に該当する医療費・他の公費医療で助成される医療費

いずれも自治体で異なる場合がありますので、詳細などは役所の窓口やホームページなどで確認するとよいでしょう。