副業で始めるFX自動売買(システムトレード)

FX自動売買(システムトレード)で始める副業と資産運用

世界経済のグローバル化によってトラリピの特性を活かし利益が狙える

外国為替とは、2つの国の通貨を交換することで、レートには各国の経済情勢や政策金利、または政治などの要素が影響しています。

f:id:fxrepo:20171017120701j:plain

為替相場においては一方向へ進み続けることはない

2ヵ国間の関係を日本と米国で説明すると、日本で金融緩和が行われると円の価値が下がり、それに対して米ドルは相対的に高くなります。つまり、円安・ドル高が進みます。

円安になれば、円の価値が下がり輸入品の価格は高くなるため輸入は減少します。逆に輸出品は海外においては安く購入できるため、輸出量が増加し、経常収支が改善して、輸出企業の多い日本の経済全体が潤います。

これにより、為替相場でも次第に円の価値が見直され、今度は必然的に円高・ドル安に向かっていくこととなります。

円高・ドル安になれば、今度は米国で輸入減、輸出増の減少が起こり、経常収支や景気が好転します。すると、今度は米ドルが見直され、米ドルの価格が高くなっていきます。

このように、為替は2ヵ国間の関係が非常に強く反映されます。1企業の問題である株と異なり、一本調子で強くあり続けることは長期的に見るとほぼありえません。

ドル高が進めば一定のところで反転し、ドル安に進みやすくなります。逆もまたしかりです。

つまり、為替相場は国と国との力関係を背景に、日々行ったり来たりを繰り返す「レンジ相場」になりやすいのです。

レンジ相場とは

レンジ相場とは一定の変動幅の範囲内で価格(値段、レート)が上がったり下がったりを何回となく繰り返えす相場を指します。

為替相場は長期的にみてレンジ相場になりやすいという特徴を理解することにより、中長期の為替の値動きの範囲を予想しやすくなります。

トレンドを形成しやすいといわれる株式市場では数年後に価格が数倍になっていることもあり、大きな利益をえることもあり得ます。しかし、その値動きを予想することは困難です。

一方、為替相場については、数年で値動きした範囲のどこに収まっているのではないかと大まかな予想をすることは、プロではない個人投資家でも容易に可能です。

レンジ相場であれば「下がればいつかは上がる」という前提なので、仮に予想に反して下がったとしても、また上がるまで待つという選択肢があります。

トレンド相場とは

「レンジ相場」と対になる用語として「トレンド相場」というものがあります。

相場は基本的に上下動を繰り返しながら動いていますが、値動きに明確な上昇や下落の傾向(トレンド)がみえるような相場状況があります。

これをトレンド相場といい、上を目指して動いている相場を「上昇トレンド」、下を目指して動いている相場が「下降トレンド」となります。

レンジ相場になりやすい為替にも3割はトレンドが表れるとされています。長い時間足のチャートなどで俯瞰的に値動きをみれば、そのトレンドすら大きなレンジの一部とみれることもできます。

世界経済のグローバル化がトラリピのチャンス

1970年代ではドル/円は上下184円の変動幅で動いていましたが、1990年代に入りレンジ幅が一挙に狭くなっています。

これは、世界経済のグローバル化により為替市場の取引参加者が世界中で増大し、ボラティリティ(価格変動の度合い)が小さくなったと考えられています。

他の金融商品の市場でも同様のことがいえますが、取引の厚み(流動性)が増えることで投資対象の値動きは必然的に穏やかになり、公平な市場になるというメリットがあります。

外国為替市場では1日あたり、65450.5億米ドルの取引量があります。これだけの取引量がある市場では、巨大な機関投資家であっても、相場操縦などで市場にインパクトを与えることは不可能で、資金量による個人投資家とプロの投資家の優劣がつけにくいのです。

主要国の市場規模

  • グローバル市場における1日平均 単位:10億米ドル
 
2010年
2013年
2016年
地域
取引高
シェア(%)
取引高
シェア(%)
取引高
シェア(%)
イギリス
1,853.60
36.8
2726
40.8
2426.1
37.1
アメリカ
904.4
17.9
1262.8
18.9
1272.1
19.4
シンガポール
266
5.3
383.1
5.7
517.2
7.9
香港
237.6
4.7
274.6
4.1
436.6
6.7
日本
312.3
6.2
374.2
5.6
399
6.1
フランス
151.6
3
189.9
2.8
180.6
2.8
スイス
249.5
4.9
216.4
3.2
156.4
2.4
オーストラリア
192.1
3.8
181.7
2.7
134.8
2.1
ドイツ
108.6
2.2
110.9
1.7
116.4
1.8
デンマーク
120.5
2.4
117.4
1.8
100.8
1.5
カナダ
61.9
1.2
64.8
1
85.5
1.3
オランダ
18.3
0.4
112.3
1.7
85.1
1.3
中国
19.8
0.4
44.3
0.7
72.8
1.1
韓国
43.8
0.9
47.5
0.7
47.8
0.7
ロシア
41.7
0.8
60.7
0.9
45.1
0.7
スウェーデン
44.8
0.9
43.6
0.7
41.9
0.6
ノルウェー
22.2
0.4
21.5
0.3
40.2
0.6
ルクセンブルク
33.4
0.7
51.2
0.8
36.8
0.6
インド
27.4
0.5
31.3
0.5
34.3
0.5
スペイン
29.3
0.6
43
0.6
32.6
0.5
台湾
18
0.4
26.1
0.4
26.6
0.4
ベルギー
32.5
0.6
21.6
0.3
23
0.4
トルコ
16.8
0.3
27.3
0.4
22.3
0.3
南ア
14.4
0.3
20.9
0.3
21.2
0.3
メキシコ
17
0.3
32.1
0.5
20.2
0.3
ブラジル
14.1
0.3
17.2
0.3
19.7
0.3
オーストリア
19.5
0.4
15.2
0.2
18.8
0.3
イタリア
28.6
0.6
23.7
0.4
18.3
0.3
フィンランド
31.3
0.6
14.9
0.2
13.5
0.2
その他
112.4
2.2
127.8
1.9
99.6
1.5
合計
5043
100
6683.9
100
6545.5
100
  • 出典:国際決済銀行(BIS)

トラリピならレンジ相場の特徴を生かして利益を狙える

東証一部の株式売買代金が一日約2兆円程度であることと比較すると、以下に巨大な市場かがわかると思います。

実際、近年で為替相場が大きく動いた出来事として、リーマン・ショック(2008年9月15日に、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングス(Bankruptcy of Lehman Brothers)が破綻したことに端を発して、続発的に世界的金融危機が発生した事象)や、東日本大震災(2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による災害およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害)などの、歴史に刻まれるような一大事が発生したタイミングです。

しかし、1年間でみるとドル/円の為替レートの変動幅はせいぜい10~20%程度に収まっています。

これを想定し、ロストカットにならないように十分な余裕をもった取引をトラリピで行えば、レンジ相場の特徴を生かして利益を狙うことが可能です。